ホーム > 反社会勢力に対する基本方針
反社会勢力に対する基本方針
反社会勢力に対する基本方針

1.反社会的勢力排除に向けた基本的考え方

当社は、反社会的勢力との一切の関係遮断を永遠に保持することを基本方針としています。
また、反社会的勢力のいかなる接近に対しても、組織として断固として対決し、いかなる利益供与・取引も行わないことを全社員に周知徹底してまいります。

2.反社会的勢力排除に向けた整備

①組織としての対応、統括部及び統括責任者の設置
当社は、反社会的勢力に対して組織として対応いたします。
当社の本店に反社会的勢力への対応を統括する部署(統括部:本社総務部)を設け、統括責任者(本社総務部長)を設置します。また、反社会的勢力による不当要求、組織暴力及び犯罪行為に対しては、直ちに統括部に報告・相談する体制を整備します。

②外部の専門機関との連携
警察が主催する連絡会等に加入するなど、平素より外部の専門機関と連携を深め、反社会的勢力への対応に関する指導を仰ぎます。

③取引を含めた一切の関係遮断
当社は、反社会的勢力と取引を行わず、一切の関係を遮断いたします。

④有事における民事と刑事の法的対応
当社は、反社会的勢力から不当要求を受ける等の有事においては、あらゆる民事上の法的対抗手段を講ずると共に、刑事事件化を躊躇しないものとします。

⑤裏取引や資金提供の禁止

⑥当社は、反社会的勢力との間で裏取引及び一切の資金提供を行いません。
反社会的勢力に関する情報の収集・管理統括部において、有識者や警察等と連携することにより、反社会的勢力に関する最新情報を共有するとともに、 かかる情報を社内への注意喚起等に活用します。

⑦対応マニュアルの整備
反社会的勢力対応規程及びこれに基づくマニュアルには、反社会的勢力への一切の関係遮断に係る組織体制を明記し、反社会的勢力への具体的な対応方法や、事例集等を作成し、全社員に配布します。

⑧研修活動の実施
社内において、反社会的勢力に関する情報を共有し、また、社内において勉強会を実施するなど、反社会的勢力による被害の未然防止に向けた活動を推進します。


ホーム | 会社案内 | 企業理念 | 勧誘方針 | 個人情報保護 | 最良執行方針 | 倫理コード
利益相反管理方針 | 重要事項説明書 | 反社会的勢力に対する基本方針

日本商品先物取引協会ディスクローズ資料】 【月次開示資料